top of page

  Communication  Equipment  Business

a drone business

『 ドローンナビゲーター 』

2022年12月より日本国内でも免許制(国家資格)がスタートし、2022年9月5日には国土交通省から国家資格の講習内容や試験内容とその教則の発表があり、同時にライセンス講習機関の登録も開始しました。

 

これまで民間資格しか存在しなかったために難しかったスキルの差別化を国家資格取得により明確化できるうえにスキルアップ・キャリアアップに役立つ事が見込まれます。

参考:国土交通省

『無人航空機操縦者技能証明等』

【 今後見込めるドローンビジネスモデル 】

・各種点検分野
・建築物や地形などの測量分野
・農業分野
・物流分野
・報道分野

・不動産分野
・多種多様な分野での事故対策

ドローン運用の市場規模として農業・物流・点検業務・測量の分野が主流となりつつあります。

 

他にも地質解析・生態調査・スポーツ中継など多岐にわたり
幅広いフィールドにて普通にドローンが飛び回っていく社会が訪れると予想できます。

 

ドローンビジネスはまだ始まったばかりで、ビジネス向け法設備や諸問題等を念頭に置いた法整備が行われていくはずです。

 

ドローンビジネスの市場規模の拡大に注目し、当社も国家資格を取得した人材が増加しております。
 

今後もライセンス講習や資格取得をバックアップする仕組みを強化してまいります。

【防犯 / 監視カメラソリューション】

     ■  データ系工事                         

    ( LAN . WAN . 無線LAN構築 )      

     ■ 各種監視カメラセキュリティ工事     

     ■ TVアンテナ屋内 . 屋外配線工事     

     ■ 各種セキュリティ関連工事              

     ■ 屋内 . 屋外通信設備工事等              

     ■ 各種照明 . 電気配線工事                 

     ■ 一般電気設備工事                          

防犯・監視カメラシステムは従来のアナログカメラからIPカメラへと変わり屋内外を問わずセンサーと連動し

高精細画質撮影と大容量録画保管が可能となりました。

 

ドローンによる監視カメラを使用して工事の安全化やスムーズ化等にドローンは活躍してくれています。

ドローンは今後も多種多様な業種や様々な分野で利用され未来社会に不可欠な設備となるでしょう。

監視カメラシステム構築等

監視カメラシステム構築等

【 CONCEPT 】 通学路や公園等地域の防犯を 目的とした録画機能一体型の 屋外設置カメラシステムを構築

豊富な施工実績とメーカの枠を超えた 組み合わせで様々なシーンに対応し 社会の安全と安心に貢献してまいります。

照明・電気配線・屋内屋外LAN工事等

Internet  of   Things
動画を見る

Internet  of  things ( IoT ) とは、あらゆるモノがインターネットを通じて接続されモニタリングやコントロールを可能にするといった概念・コンセプトのことで身の回りのあらゆる物にコンピュータが組み込まれネットワークで接続されます。

日々の生活に欠かせない通信設備
時代は変わり一人ひとりが何かしら  の通信機器を持ち運んでいます。
電気通信は未来社会に必要不可欠な

存在だからこそ、それを継承していく人材を育てていきたい。
家族に安心を届け社会を支え未来を  繋いでいく企業でありたい。

bottom of page